体質改善

青汁は栄養機能食品

栄養機能食品というものがありますが、これが何を意味するのかをご存知でしょうか。
この栄養機能食品と呼ばれるもののひとつに青汁があるのですが、そもそもこれはどういう意味なのでしょう。
簡単に言うと、食べると体に良いものというのが栄養機能食品なのです。

通常、人間が口にするものは食べ物または薬です。
薬を販売するときは、広告において法律上の規定があります。
薬機法(旧薬事法)という法律に基づき、どんな効果があるか、どのように飲むべきかが定められています。

食べ物は特段の規定があるわけではありません。
ふつうのお肉や野菜を購入するときは、食べ物の効果を謳わなければ販売することができます。
しかし、健康効果や効能があると表現する際、法律上の制約を受けることになるのです。

これが栄養機能食品であり、該当する食品のうち、法律上の規約を突破したものは栄養機能食品マークが付けられます。
消費者庁は、商品の宣伝が過剰でないことを認めたものに限って、栄養機能食品マークを付けることを認めます。
そのため、私たち消費者は安心して、健康効果が期待できる食品を食べることができるのです。

青汁を販売する時も、ほかの食品と同様です。
青汁の目的は、健康な状態を維持し、病気にならないことですから、栄養機能食品としての評価を受けます。
たとえば、「食物繊維がたっぷり入っているから、必ず便秘が治る」と広告で表現すると消費者庁の審査に引っ掛かるため、必ずしも効果を保証しないという旨を付記しなければなりません。
だから、言い換えると、栄養機能食品マークがついていたり、トクホの青汁は安心です。

当然ですが、栄養機能食品と言っても、それだけ食べていれば良い、飲んでいれば良いというものでもありませんから、その辺りに関しては気をつけたいものです。
ちゃんと他の食べ物に関しても気をつけて、生活習慣を整えてこそ、青汁の健康効果は最大限の力を発揮してくれます。
青汁を飲むときは、この点をしっかりと理解して、毎日の生活に青汁を導入して健康な体を作ってあげましょう。